News & Topics

純胡椒はやっぱり美味しいなあ

昨夜は、恵比寿 バー ジャムのレギュラーイベントのラジオ・うたかた だったのですが、久しぶりに仙人スパイスさんにお会いすることが出来ました。

純胡椒って知っていますか?

ビン詰にされた塩漬けの生の胡椒のことで、それを作っているのが、仙人スパイスさんなのです。

そしてこの純胡椒、意外といろいろなものに合います。

昨夜は、バゲットにあさりと純胡椒をのせたものを用意してくださっていました。

あさりといっても、最初は白身魚のすり身なのかと思うような若干ペースト状のものに純胡椒がポツンとひとつのっかっていました。

このバランスが絶妙でした。

口に運んだ時は、あさりの味が口の中に広がって、純胡椒を噛むと胡椒とあさりの味が混ざっていって、次第にバゲットの味も混ざってくる感じでした。

とてもバランスがよかったです。

純胡椒はやっぱり美味しいなあと再確認しました。

仙人スパイスさんが、恵比寿 バー ジャムに来ていただくのは、約半年ぶり。

ずっと日本にいませんでした。

1年の半分くらいは、インドネシアのカリマンタン島というところで、純胡椒を作っていて、出荷が終わると帰国するという生活を送られています。

今年で3年目なのだとか。

純胡椒はネットでも買えますが、農家の台所などの都内の食材にこだわったショップにも置いているそうなのでチェックしてみて下さい。

何処でも買えるというわけではないのでレア感が増しますね。

なんでも、書籍でも純胡椒が紹介されているそうです。

私の好きな「料理道具」と「食材」画像 私の好きな「料理道具」と「食材」 渡辺 有子  (著)

なにより、仙人スパイスさんの話がとてもおもしろくて、インドネシアにもサソリがいるらしく、そこからいろいろな話に発展していって世界はやっぱり広いなあと感じさせてくれます。

純胡椒に興味がある方はこちらからどうぞ。

純胡椒


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。