News & Topics

恵比寿バージャムの入荷情報です。

ギネスビールを入荷致しました。

なんだギネスか、そんなに珍しくないっしょ、と思われる方もいらっしゃいますね。

ところが、恵比寿バージャムが入荷したギネスビールはちょっと、いやだいぶ違います。

まあ、ギネスビールには違いないのですが、よくあるギネスビールはエキストラスタウトというもの。

恵比寿バージャムが入荷したギネスビールは、フォーリンエキストラというものなんです。

元々の製造ラインが違うそうで、最初から輸出用として作られたものなんです。

見比べてみると分かるのですが、ボトルデザイン、ラベルの色がちょっと違います。

基本的に味はそこまで違わないのですが、フォーリンエキストラの方がアルコール度数が高めです。

これがまたかなり入荷が不定期なので、入荷している時の方が少ないのです。

今回はかなり少量の入荷なので、すぐに無くなってしまう可能性大ですので、興味のある方はお早めにどうぞ。

And, Thank you for coming last night!

昨夜は少しイレギュラーな感じで始まりイレギュラーな感じで終わりました。

DJ Espectralと一緒に来たメキシコのレーベルの人とずっと話し込むところから始まり、多分中国系の方だと思うのですが外国の方しか来店が無く、25日のお問い合わせのお客様としか日本語を話さなかったちょっとイレギュラーな夜でした。

これからもっとこんな感じが日本のあちらこちらで拡がっていくのかもしれませんね。

先日も関連性のある話をしました。

恵比寿バージャムももう12年目なのですが、DJの方やお客様の方も結婚をして子供もいて、その子供の将来の事を話す機会が増えてきました。

そこで、結構出て来るのが、英会話を習わせるというもの。

これって、英会話だけだと無駄になってしまう可能性が高いです。

英会話が出来て優位に立てたのは昭和の話だと思います。

例えば、国内企業でも社内の公用語を英語にしようという動きがあります。

英語を話せるという事は、その企業に入る最低限の基準です。

話せて当たり前で、そこから何が出来るのかが重要になってきます。

おもしろいのは、英語を試験項目から削除しようかというような話も一部出てきているそうです。

英語で自分のストロングポイントをアピールできる様になることをイメージして英会話プラス、ビジネスに活かせそうなものをお子さんに習わせるといいのではないかと思います。

例えばプログラミングとかね。

以前、イギリスの学校のプログラミングのテストを遊びで受けてみたことがあるのですが、小学校高学年レベルでギブでした。

イギリスの小学生恐るべしです。

アメリカのヤフーの重役にイギリスの高校生(もしかしたら卒業してから?)が就任したというのがニュースになっていましたが、分かる気がします。

高校生くらいになったらビジネス英語を話せるようになるイメージを持っているといいかもしれませんね。

ビジネス英語ってどんなん?と思われる方もいらっしゃいますね。

日経CNBCの英語でマーケットという番組を見ると分かりますが、アメリカのCEOやCOOの人の英語ってめっちゃ早口で、ビジネス用語がバンバン出てきます。

この番組はポイントになるフレーズを教えてくれたり、字幕で最初に英文、次に和訳で何を言っているのかを教えてくれるので勉強になります。

今年の放送は終了したようですが、BSスカパー241chのNewsザップという番組はお勧めです。

あれ?いつの間にか番宣になってる。。。まっ、いっか。

パッと見、かなりふざけているのですが、もしかしたら日本で一番正確なニュース番組かもしれません。

基本、経済と政治をピックアップしているのですが、日本のニュース番組を見る気が失せます。

主にCNNとBBC、ちょこっとだけCNBCの番組をザッピングしているのですが、マイナーですが毎回スゴイ人がゲストで出ています。

2時間と長めの番組なんですが、結構リアルな政治と経済を知ることができます。

経済学者、ジャーナリスト、憲法学者などいろんなジャンルの人が地上波では聞けないようなことを話しています。

興味のある方はチェックしてみて下さいね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。